アクセスカウンター

石川県金沢市  体を根本から整える整体

 

 

 

金沢自然流整体

最新ブログ記事

金沢市、白山市、野々市河北市、鶴来、津幡、不妊整体はお任せ下さい。

合掌行気

10月の勉強会に行ってきました。

 

午前は初級講座、午後からは中級講座なのですが

 

私は午後から出席しました。

 

勉強会では最初はいつも合掌行気をしますが、この合掌行気というのは

 

ものすごく大事なものです。輸気(愉気)をするうえで気の感覚を養うのに

 

これがないと始まらないというものなんです。整体というと初心者の人は

 

技術ばかりに目がいってギッタンバッコンするような

 

大技だったり、ボキッというようなカイロプラックティック的な技術を

 

覚えたがったり、体験してみたかったりしますが、整体操法の基礎は

 

痛いところや気になるところに手をあてるというシンプルな方法なんです。

 

それを鍛えるために合掌行気というものがありますが、

 

 

この練習は昔の野口整体では休みの日があれば前日の夜から始まって

 

次の日まで続いたそうです。途中でトイレにいこうものなら精神統一が

 

できてないといって怒られたそうでもあります。

 

私も一日10分ほどしかしていないので、全然足りていませんが・・・・

 

手の感覚が鋭くなれば、勝手に手は悪いところに吸い付くように

 

導かれます。これはレイキとも近いです。

 

最近では妻が頭をぶつけたので頭に輸気をしましたが

 

手あてるとなんとなく凹んでいるような感覚がありそのまましばらく・・

 

フッと凹みがもどるような感覚があり、そのまま痛みはなくなりました。

 

気というとオーラと同じなのか?と思われる人もいるかと思いますが

 

全く違います。輸気は感じるものであって見る物ではありません。

 

見えたような気がすることもたまにありますが、だからといって

 

色がどうだとか一切気にせずにほっておくことにしています。

 

気のせいぐらいにするのがいいのかと思います。

 

とにかく、合掌行気を真面目にしているかしていないかで整体に対しての

 

考え方や知識、操法レベルまでもが違っていることが

 

最近つくづく感じられます。

 

これは時間が長ければいいのではなくて、兎に角、集中度です。

 

集注ともいいますが、これができていれば一分でもいいのですが、

 

修行の意味合いで最初のころの数年間は長めにして、段々と短く

 

一瞬集注でもいいようにしていくのがいいんでしょうか。

 

金沢市で、いや石川県で合掌行気をしっかりと

 

している整体師は何人いるのだろうか?まあ、そんなことはいいとして、

 

今日はこのまま一時間ほどしてみます。